カテゴリ:music / film( 3 )
チャーリーとチョコレート工場
b0068716_18562999.jpg


ずっとずぅ~~っと見たかった映画、”チャーリーとチョコレート工場”を公開日に早速行ってきました☆
私の中では超話題作だったんですが、いざ劇場に入ってみるとお客さん少なっっ!!!
それはここが地方だから??
それとも、土曜の夕方だったから??
なんだか寂しさを覚えつつも、期待に胸膨らませながら上映開始を待ってました☆

b0068716_1901713.jpg


この映画にモチベーションがかかった最大の理由は、大好きなジョニー・デップとこれまた大好きなティム・バートンが久々に手を組んだ作品だったということ!!
どんな映画か内容も知らないうちから、この2人ってだけでもう見たくて見たくて・・・・・。
”シザーハンズ”でこの2人の虜になり、この2人の作る独特な空間が好きなのです☆

ここで、この映画の説明を少しだけ☆
b0068716_0149100.jpg
彼がこのお話の主人公、天才ショコラティエの”ウィリー・ウォンカ”(ジョニー・ディップ)。
世界中の大人も子どもも彼の作るチョコレートに夢中☆
そんなウォンカ氏、それはそれは大きなチョコレート工場を建てるのです!!
最初はたくさんの人を雇って工場を運営してたのですが、彼の作る摩訶不思議なチョコレートたち。
同業者がほっとくわけもなく、スパイ行為に出てしまいます。
そんなわけで、人を信じられなくなったウォンカ氏。
それからというものこの工場に入る人もいなければ、出てくる人もいない。
チョコレートだけが出荷されるという、謎に満ちた工場となってしまうのです。
ところがある日、チョコレートの中に入れられた「ゴールデンチケット」を手にした5人を工場にご招待☆ってことで世界中にウォンカ氏が素敵な企画を提案♪
このあまりにも謎に満ちた工場を見れるということもあって、世界中の人たちが血眼になってウォンカチョコを買いあさるのです。



b0068716_0165833.jpg
そしてこのあまりにも貧しい生活を送る少年、”チャーリー”(フレディー・ハイモア)もその一人。
なんとかしてチョコレート工場に行ってみたい!!と思うのですが、なんせ貧しくてチョコレートは年に一回、誕生日にしか買ってもらえない・・・・・。
そんな中、世界中ではぞくぞくと見つかる「ゴールデンチケット」。
それにしてもまぁ、これ以上ないほどの感じの悪い子どもたちの手にチケットが当たってしまうのですが・・・・・
そんな中、チャーリーの家族の愛を感じずにはいられない協力や助言のおかげで、最後の一枚をチャーリーが手にするのです☆


b0068716_0272856.jpg

世界中から集った幸運の子どもたち5人。
とうとう工場の中に入っていくのですが。。。。。。

ここから先は映画を見てからのお楽しみということで♪

あっっ!!!
そだそだっ!!
彼はみんなに見てもらわないと☆
b0068716_031497.jpg
この荒井注に激似のおっちゃん!!
彼はウンパ・ルンパ族の一人。
まぁ、この一人っていう表現があってるのか間違ってるのか・・・・(汗
身長わずか75cmで、しかも全員が同じ顔というウンパ・ルンパ族。
これまた彼らがこのお話の中では重要かつツボ!!
インパクトの強さゆえ、見た日の夢に出てきたわよぅ(汗

とにかく!!!
ここまでの画像を見てもらって分かるように、この映画の中の色!!!!!
ポップでこのサイケデリックな色彩感覚は、ティムだからこそできたんだと私は思ってます!
きっと原作者のロアルド・ダールもこんな景色を思い描いてたんだと思うよ☆
そして、それをこれでもかっていうほど表現したティムはやっぱり奇才!!!!
撮影セットも360度という完全なるセットを作り出し、劇中に出てくる工場の中はTDLそのもの!!
あのファンタジックな空間。完全に童心に戻らされました。。。
だって、チョコレートの川だよ?飴の木だよ?草食べれちゃうんだよ??
しかも、リスが・・・・リスがぁ・・・・!!!!
CGは使わずにこれらのものを作るのはすごい!!
間違いなく映画史に残る極彩色のミラクル・ワールドですっっ☆
その上、ウォンカ氏の出で立ちはもちろんのこと、ウンパ・ルンパ族に工場の内部、ウォンカ氏の悪意はないけどキツイブラックジョーク。
どれをとってもシュールなんだけど、これが大人が見ても楽しめる所以なんではないかと☆

もぅ、言いたいことがありすぎて、頭の中でまとまらない・・・・・(( アタフタ( ̄ー ̄;)(; ̄ー ̄)アタフタ ))

この作品を手がけるのはティムしかいないし、このウォンカ役をできるのはデップしかいない!!って言えるほどにあまりにも素晴らしい作品に出来上がってます☆
随所に散りばめられてるいろんな映画のオマージュっぷりも楽しいしね♪
だって、いきなりハサミの手をしたデップって、セルフオマージュかよっ!!って突っ込んじゃったわよぅw
今年1番のオススメ作品☆☆
こんな私のしょうもない解説読むよりも、1度見れば分かるからっっ!!
みなさんもぜひぜひ見てみてくらさいっっ♪
[PR]
by kako-kako55 | 2005-09-16 00:35 | music / film
コミュニケーション手段
昨日久々に”スワロウテイル”を見ました。
もうずいぶん昔にみた映画で、私も10代だったから今とは違う感覚で見てたのだけど。

b0068716_1272283.jpg


このこの映画を見てて感じたこと。
今まで言葉って絶対的なコミュニケーション手段だって思ってたんだけど、それは違うのかもしれないって思ったのです。
この映画の舞台は架空の町「イェンタウン」。
ここには世界中から円を求めていろんな国の人たちが集ってるのだけど、ここで使われてる言葉はそれぞれバラバラ。
たまに出てくる日本語ももちろん片言で。
それでも、それぞれのコミュニケーションは成立してるわけで。
この映画を見てる私にも、ボディランゲージや表情でなんとなくいいたいことが伝わってくるっていうか。。。。。

いままでは言葉ってものすごく重要って思ってたんですよね。
もちろん言葉を使ったコミュニケーションって大事だと思うんだけど、それ以上に言葉以外にもいろんな手段で人に伝えることってできるんだなぁって。
逆に言えば、言葉がなくても人に伝わってしまうことってあるんだな~って。
目とか仕草とか言葉の強弱とか。
この映画の中でそれをやってる俳優や女優さんのすごさも同時に実感!
そして、この空間を撮った岩井俊二もすごい!
邦画にしては長い映画なんだけど、見入ってしまいました。
私もこんな風に想いのたくさん詰まった写真撮りたいなぁ~。
その写真で言葉を超えた気持ちが見てくれる人たちに伝わるようなもの、作りたいなって。

もしこの映画見たことない人がいるのなら、オススメです!
今回私が1番感じたことはここに書いてるようなことなんだけど、それ以上に人間の生々しさや孤独や汚さや美しさ。
感じることの多い映画なんです☆
[PR]
by kako-kako55 | 2005-06-29 02:18 | music / film
マシニスト
b0068716_2245293.jpg


最近めっきり映画を見に行ってなかった私。
でも、久々に心惹かれる映画だったので、行ってみることに♪
何に心惹かれたかって?
そりゃ~もう主演のクリスチャン・ベイルの豹変ぶり!!!!!!
ありえないッスよ、マジで・・・・・・。

ストーリーは不眠症の主人公:ベイルの不眠の理由を解き明かすサスペンス。
このストーリーは、主人公がすでに365日寝てない状態で、次の366日目から始まるのです♪
ただ個人的に、サスペンスとして見るとちょっと物足りなかったのだけどね。
でも、この作品の雰囲気は大好きだったな~♪
ベイルの心理状況を表現するための全体的に青みがかった映像や、テルミンを使った音楽。
薄暗い感じなので、娯楽映画ではないですけどね。

ただ、このクリスチャン・ベイルの役者魂は必見!!!
4ヶ月のダイエットで、約30㎏の減量!!!!
一応栄養士や医者の指示を受けてのダイエットだったのだけど、ほとんどリンゴのみの食生活。
もともと普通体型だったクリスチャン・ベイルが30㎏落として、まさにガリガリガリガリ・・・・・・・。
骨と皮だけだったよぅぅっっ!!!
まさに、歩く骸骨(汗
人ってこんな体になってしまうんだ~って感心しました!
だって、人の腰骨があんな風に出てるなんて!!!!
もう、ストーリーを喰ってたね、あの姿。

もしこれからこの映画を見ようと思ってる人がいるなら、頭の中真っ白で見たほうが楽しめるかな?
謎解き構えで見ると、結構早い段階でラストが想像できそうなのでw

公式HPはこちら♪

驚愕の姿のほんの一部ですが・・・・
[PR]
by kako-kako55 | 2005-05-17 23:29 | music / film